車に赤ちゃんを乗せるときはこんなことに気をつけて

赤ちゃんが生まれたあと、車でおでかけする機会も多くなります。しかし、何も予備知識がないままだと心配事がつきません。ここでは、赤ちゃんを車に乗せるならぜひ知っておいてもらいたい注意事項をいくつかご紹介します。

車移動は楽だけど心配事だらけ

例えば里帰り出産をして自宅に戻るとき、車の長距離移動がいいのか気になります。検診などで車で病院まで移動することもあるでしょう。都会のように電車やバスなど環境が整っている地域だと車の問題も少ないかもしれませんが、長距離移動は電車より車のほうが安心、という声も聞こえてきます。確かに、車の場合は自分たちの自由がききますから、車移動は楽でしょう。しかし、大人と生まれたての赤ちゃんは体の仕組みが大きく違いますから、もしかいたら車移動が赤ちゃんに大きな負担になってしまうのでは、と気になってしまいますね。

車の移動は生後何ヶ月からOK?

パパママたちの間で話題になっている「揺さぶられっこ症候群」とは、小さな赤ちゃんの体を必要以上に揺さぶることで、頭蓋骨内出血や眼底出血を引き起こしてしまう症状をいいます。最悪な場合は脳挫傷をおってしまうこともあるため軽く見ることができません。生まれたての赤ちゃんはとくに、まだ首が据わっていないので細心の注意が必要です。どうしても車移動が必要なケースもありますが、一般的に推奨されているのは「生後一ヶ月までの新生児~半年ぐらいの赤ちゃんの場合、長距離の車移動は避けたほうがいい」ということです。先ほど話した里帰りなどは長距離移動になる可能性がありますが、こまめに休憩を取り入れてあげれば大きな問題はありません。あくまでも基準は大人ではなく赤ちゃんにしてくださいね。

行動はすべて赤ちゃんに合わせること

車移動の醍醐味は、スケジュールを自由にできることです。電車やバスは時間が決まっているので、時間通りの行動が必要不可欠です。電車移動も車移動も、どちらにもメリット、デメリットがあります。どちらも生まれたての赤ちゃんにとって少なからず、負担になることに違いはないので、赤ちゃんの様子をしっかり観察をして行動してください。例えば大人でもいますが、車酔いです。これは体質が関係しているので大丈夫な赤ちゃんもいますが、酔ってしまう赤ちゃんもいます。吐き気を抑えるためにも、おなかがいっぱいになるほどミルクを飲ませないようにしたほうがいいでしょう。おなかが空いている赤ちゃんにちょっとしかミルクをあげないのも可哀相ですから、ミルクを飲ませて少し経ってから車移動を始めるといいでしょう。

チャイルドシートに座らせることは義務

これは日本の法律で定められています。ちょっとした衝突事故でも、抱っこされた赤ちゃんは衝撃で車の外に放り出されてしまいます。大きな事故へ繋がりますから、必ずシートベルトに座らせてあげましょう。首が据わるまでは車の振動で首がグラグラすることもあるので、チャイルドシートの隣に大人が座り、頭部にタオルを挟むなど工夫を取り入れてあげてください。

知らないままだと不安も大きくなりますが、これらの情報を知っておけば赤ちゃんと安心ドライブが可能となります。

≪ホントにセックスで産みわけができるの?≫

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけをする理由

セックスで産みわけをする理由

セックスによる産みわけの目的

セックスによる産みわけの目的

Copyright© セックスで『産みわけ』 All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ.
     PAKUTASO(ぱくたそ)