男の子が求められた歴史的背景

皇位継承問題を例に挙げるまでもなく、日本では昔から家督を継ぐのは男の子に限られていました。
天皇家でなくても、ある程度の身分の家では後継ぎがいなければ親戚や遠縁を当たるなどして養子とし、家を継がせていました。
女の子に婿を取って継がせるという選択肢はなかったのでしょうか?

日本の家長制度についておさらい

現在のような家長制度が主流となったのは鎌倉時代ごろ、つまり武家社会の成立と時を同じくすると言われています。
それまで結婚といえば通い婚が普通で、選択権も相続権も女性にあった公家社会とは異なり、嫡男(直系の長男)が家名と財産のほとんどを継ぐことになりました。 父親の権力は絶対的で、もちろん逆らうことは許されず、結婚も決められるのが普通でした。
こうした社会的背景から、男の子を産むことイコール家の存続という考え方ができ上がったのです。

ちょっと大げさかもしれませんが、遺伝子のお話

平成18年に秋篠宮家に悠仁親王が誕生するまで、皇室には41年間男児が生まれませんでした。皇室典範には「皇統の男系男子が皇位を継ぐ」と定められているため、このままでは皇統が途絶えるという懸念から女系天皇を認めるべきではないかという皇位継承問題が起こり、現在でも論議されています。
天皇家は神武天皇以来万世一系を貫き、男系以外の天皇はこれまで存在しないと言われています。
推古天皇や持統天皇など、女性天皇もわずかながら存在しましたが、いずれも時の天皇の皇女であり、未婚か、結婚はしたものの子どもがいなかったため、崩御後はすぐに男系男子が即位しています。つまり「万世一系」は守られていたということですね。
皇位継承問題とは簡単に言うと、男子のみが受け継ぐ遺伝子があり、天皇家直系の男子はすべて神武天皇のDNAを持っている、しかし一度でも女系、つまり皇族以外の男性と皇女から生まれた子が皇位を継ぐとそれが途絶えてしまう、ということです。
それを回避するために、江戸時代の第119代光格天皇のような、第113代東山天皇の孫の第六王子(天皇の子ではないので「王子」)の第二王子のそのまた第六王子(もうわかりませんね)が皇位についたという冗談のような話もあるのです。
また、男系の皇族男子は系図をたどっていくと必ず神武天皇に行きつくとされています。
遺伝子について昔の人が知っていたとは思えませんが、「血」を何よりも大切にしていたことがわかりますね。

天皇家に準じたわけではありませんが、基本的に家は嫡男が継ぐものとされていました。正妻に子どもができなければ他の女性に子どもを産ませることもむしろ推奨され、男の子を産むことはその家内の実権を握るに等しかった時代もありました。
日本史をひもとけばいくつも実例を見ることができます。

≪ホントにセックスで産みわけができるの?≫

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけをする理由

セックスで産みわけをする理由

セックスによる産みわけの目的

セックスによる産みわけの目的

Copyright© セックスで『産みわけ』 All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ.
     PAKUTASO(ぱくたそ)