産後うつ病で悩んでいるママさん、パパさんへ

今回は産後うつ病で苦しんでいるママさんと、そんなママさんを目の前に慌ててしまったパパさんにアドバイスをしていくことにしましょう。産後うつ病は恥ずかしい病気ではありませんよ。。

産後うつ病で悩んでいるママさんへアドバイス

自分では何もできない赤ちゃんですから、オムツ替えや授乳、お風呂など毎回一生懸命になることでしょう。ところが、出産はママさんの体に思っている以上に大きなダメージを与えています。ホルモンのバランスも乱れていますから、精神的に不安定になるのは当たり前のことなんです。肩こりが酷くて頭も痛くなる、元々冷え症だったけれど血流が悪いのか冷え症が酷くなったように感じる、食事をまともに取らない日が多いので便秘になりやすい、どれも多くのママさんたちが経験していることみたいです。もしも肩こりが酷いなら、いつものお風呂に香りのいい入浴剤を使ってみてください。冷え症が酷いと感じたなら、肌触りのいい靴下を履いたり、ネックウォーマーで頚動脈を温めるなど工夫を取りいれてみてください。好きな香りのアロマオイルを数的たらすだけでリラックス効果が倍増します。便秘で苦しんでいるならかかりつけの内科や婦人科で便秘薬を処方してもらってください。赤ちゃんにおっぱいをあげている時期は服用する薬にも気を配る必要がありますからね。ノンカフェインで妊婦さんでも子供でも飲めるハーブティを一日の癒しの時間に取りいれてみてください。産後うつ病を発症してしまうのは、子育てに一生懸命になっている証拠です。ママさんが責任を感じる必要はありません。自分のためだけでなく、赤ちゃんのためにも、ほっと一息つける時間を設けてくださいね。。

赤ちゃんを迎えたパパさんへアドバイス

生まれたばかりの赤ちゃんは、ほわほわしていてとても可愛らしいことでしょう。出産を経験していないパパさんたちの多くは戸惑いの中で父親になっていきますが、赤ちゃんだけでなくママさんの体も気遣ってあげてくださいね。先ほども話しましたが、女性にとって出産は大仕事です。ママさんの体は想像以上のダメージを受けています。回復するまで一年半もかかるといわれているんです。そんな状態で必死に真面目に子育てしていれば、不安な気持ちや心配事が次々に襲ってきてママさんの気持ちを押しつぶしてしまうことがあります。やっと赤ちゃんが寝付いてぼーっとしているママさんだとしても、決して「今のうちにやることをやってしまえ」などと突き放さないでくださいね。化粧をする時間も髪の毛をとかすじかんもママさんにとっては億劫に感じてしまうほど子育てはとても大変なことです。産後うつ病はママさんが頑張った証拠です。出産後のママさんにピッタリのノンカフェインハーブティもあるらしいですから、仕事がお休みの日にママさんにハーブティを一杯淹れてあげてねぎらってあげましょう。そんな何気ない日常が、ママさんの心をほぐしてくれるはずです。。

頑張っていることを理解してくれる人が側に居てくれるだけで、どれだけママさんの気持ちが軽くなるでしょう。産後うつ病のママさんたちは自分を責めています。そこにきて大好きなパパさんにまで責められてしまったのでは居場所を失ってしまいます。ママさんが健康な気持ちで子育てができるように、二人三脚でゆっくりと育児を楽しんでいきましょう。。

≪ホントにセックスで産みわけができるの?≫

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけをする理由

セックスで産みわけをする理由

セックスによる産みわけの目的

セックスによる産みわけの目的

Copyright© セックスで『産みわけ』 All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ.
     PAKUTASO(ぱくたそ)