過ごし方が子供の性格を決める

あなたのパートナーは妊娠中、どのような過ごし方をしていたでしょうか。科学的根拠は無いものの、妊娠中の母親の過ごし方によって、生まれてくる「子供の性格が変わる」という話があるので、ここで紹介します。

生まれてくる子供は「母親の影響」を強く受ける

さっそくですが、あなたは母親似でしょうか、それとも父親似でしょうか。生まれてくる子供の外見は、大抵が両親の特徴を遺伝で受け継いでおり、男の子は母親に、女の子は父親に似やすいと言われています。

では、「性格」や「好み」はどうなのでしょうか。自分がどちら似なのか考えてみると、意外と「母親似」の人が多いと思います。特に女性は、母親の性格や好みを遺伝しやすい傾向にあるようです。

なぜ性格や好みが母親似になるのかというと、その原因は「妊娠中」にあるようです。妊娠中に母親が「体験」したことや、感じたことが、「生まれてくる子供の性格に影響を与える」という話があります。これは科学的に解明されていない一種のオカルトですが、多くの出産を経験した女性が語っています。

例えば、「妊娠中にクラシック音楽を聴かせる」という夫婦をテレビなどで見たことがあると思います。いわゆる「胎教」のことであり、お腹の中にいる時から音楽を聴かせることで、「音楽の天才児」が生まれる確率が高くなるというものです。

「そんな馬鹿な」と思った方が多いかもしれませんが、音楽の胎教を行って生まれた子供は、6割以上が「音楽を好む」傾向にあるという研究結果が出ています。妊娠中に「母親が感じたこと」が子供に何らかの影響を与えるのは間違いありません。

「性格」や「好み」にも影響を与える

妊娠中は、母親が摂取した食べ物すら子供に影響を与えます。母親が食べた物は、へその緒を通じて、その栄養が子供に送られます。これもオカルトの一種と考えている人が多いですが、その送られてきた栄養を持つ食べ物を、生まれてから好む傾向があるというのです。

単純な話、妊娠中に「魚」を多く摂っていた場合、「魚好きの子供」が生まれてくる訳です。母親がベジタリアンなら、生まれてくる子供もベジタリアンになりやすいのです。それだけお腹に居る時の影響というものは大きいのでしょう。

また、上述で軽く触れているように、母親の日常生活の過ごし方が、生まれてくる子供の性格に影響を与えることも知られています。例えば、妊娠中に毎日穏やかな生活を送っていた母親の子は、「マイペース」になりやすい傾向があります。

逆に、ヒステリックになって自傷行為をしたり、イライラし続けた生活を送っていた場合、「せっかちな子」や「ヒステリックな子」が生まれる確率が高まるそうです。母親の感じたことが、そのままお腹の子供に受け継がれてしまうのです。妊娠期間中は穏やかに過ごした方が、自分はもちろん、子供にも良い影響を与えます。

科学的には解明されていないため、全てがオカルト的な話になってしまいましたが、実際に出産した母親が口を揃えて語る有名な話です。信じるも信じないもあなた次第、ちょっとした妊娠中の豆知識として覚えておいてください。

≪ホントにセックスで産みわけができるの?≫

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけをする理由

セックスで産みわけをする理由

セックスによる産みわけの目的

セックスによる産みわけの目的

Copyright© セックスで『産みわけ』 All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ.
     PAKUTASO(ぱくたそ)