育児マニュアルが産後うつ病の原因になっていることも?

子育てが初体験のママさんパパさんにとって、すべてが新しい発見、新しい学習ばかりではないでしょうか。小さな命を守るために自分を犠牲にして育児に没頭する毎日だと思います。そんなときに頼りになる育児マニュアル。すでに熟読している方も多いかもしれませんね。ところが、場合によっては育児マニュアルが産後うつ病の発症の原因になることもあるそうですよ。

産後うつ病の原因に「育児マニュアル」があるらしい

初めての我が子の子育てに、神経質になるなというほうが難しいかもしれません。赤ちゃんの命を守るために必死になる、それが母性や父性なのでしょうからね。こんなときはどうするの?、私の子育ては間違ってない?、そんなときに頼りたくなるのが育児マニュアルなんですね。ところが知ってましたか? 育児マニュアルは時代によってずいぶん変化を遂げているんです。おそらく、ママさんパパさんが赤ちゃんだったころと今では、180度違うことをうたっている項目もあるみたいですよ。そのひとつが「日光浴」なんです。大人も日光を浴びることで体内のビタミン生成を手助けできるという話がありますが、日光を浴びることで紫外線が刺激になってシミやソバカスの原因になったり、必要以上に日焼けをすることで皮膚がんを発症する原因になるとも言われています。そんな時代ですから、過去の育児マニュアルには生後一ヶ月ぐらい経ったら積極的に日光浴をさせましょうと書いてありましたが、今の時代は皮膚の弱い赤ちゃんを日光浴させることはNGと言われています。ベビー用の帽子やサングラス、日焼け止めが飛ぶように売れているのを見ても分かりますね。このように、育児マニュアルは時代によって変化してきました。

そんな育児マニュアルがママさんたちを苦しめる?

待望の赤ちゃんが生まれて嬉しいのはママさんパパさんだけではないですよね。お爺ちゃんお婆ちゃんも手放しで喜んでくれます。それは本当に嬉しいことなんですが、ちょっと困った話もチラホラ聞こえてきます。お爺ちゃんお婆ちゃん世代の育児マニュアルの話なんです。世代がまったく違うので、正しい育児のものさしがまったく違ってきます。先ほど話した日光浴の話などが一番分かりやすいですよね。お爺ちゃんお婆ちゃん世代では正解、ママさんパパさん世代では不正解なんですから、お互いの意見が食い違うのは仕方がありません。これがママさんを苦しませてしまいます。「今の時代は昔と違うんです」とハッキリ言いたいけれど気分を害するんじゃないかと口を閉ざしてしまうんですね。こういった小さいことの積み重ねが産後うつ病を発症させてしまう可能性が高いのです。本来ならパパさんに間に入ってもらって、パパさんから根気よく説得してもらうのが一番お勧めの方法と言われています。自分の両親ならママさんもハッキリ言えるんですが、流石にパパさんのご両親には言いにくいですからね。

産後うつ病はママさんの体調が整う前に発症しやすいそうです。出産は大仕事。ママさんの体に大きなダメージがあることを覚えておいてください。ダメージが回復するまでは1年半ぐらいかかるといわれているので、この間は体のケアと同時に心のケアも怠らないようにしましょう。

≪ホントにセックスで産みわけができるの?≫

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけをする理由

セックスで産みわけをする理由

セックスによる産みわけの目的

セックスによる産みわけの目的

Copyright© セックスで『産みわけ』 All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ.
     PAKUTASO(ぱくたそ)