意外に重要な、セックスの際の避妊の方法

「子供を作るのに何で避妊しなければならないのか?」と疑問に感じる人もいるかも知れません。男の子を産むには排卵日当日、女の子なら排卵日の2日前のセックスで確実に受精することが目標なので、それ以外のセックスで妊娠してはなりません。そのため、受胎のため以外のセックスでは避妊が必要です。せっかくの努力を無駄にしないためには、避妊に細心の注意を払わなければなりません。

コンドームを正しく使うことが避妊の基本となります。それ以外の避妊法は原則としてNGです。

コンドームを正しく使いこなすことが原則

コンドームは避妊率が低い、とも言われますが、それは使い方が間違っているからです。正しく使用すれば100%避妊できます。性能のしっかりした、日本製のJISマークつきの物がお勧めです。コンドームは男性器が勃起した状態で装着します。袋から取り出したら先端の精液だめの部分をねじって空気を抜き、使用中に破れるのを防ぎます。先端から少しずつ伸ばすように根元まで装着し、射精後はすみやかに抜きます。

装着時に女性のツメで破れたり、射精後に男性器がしぼんで、はずれてしまったりすることで避妊の失敗につながります。挿入前に装着することも大切です。射精前でも精液は漏れ出すことがあるためです。特に2回続けてセックスする場合には、尿道に1回目の精液が残っていて射精前に流れ出すことがありますので、気をつけなければなりません。万が一、使用中にコンドームが破れた時には、ガーゼか脱脂綿で膣内をふき取るか、洗ってください。ただし、そうしたとしても100%の避妊はできません。

ピルやリングは使用できません

ピルを飲んでいる間は排卵がありません。産みわけをするには排卵日を特定しなければなりませんが、排卵がなければ特定のしようがありません。基礎体温をつけることにも意味がありません。ピルの使用をやめてから排卵が自然に行われるようになるまで体調を戻す必要があります。最低でも3か月程度はかかりますので、ピルを使用している場合には、産み分け開始まで少し時間がかかります。

リングは子宮にしっかりと装着されているため、軽いくぼみができます。この回復には2か月ほどかかりますので、産みわけの開始はその後となります。

産みわけのためには、受胎セックス以外は避妊しなければなりません。コンドームを使った確実な避妊が必須です。

≪ホントにセックスで産みわけができるの?≫

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけをする理由

セックスで産みわけをする理由

セックスによる産みわけの目的

セックスによる産みわけの目的

Copyright© セックスで『産みわけ』 All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ.
     PAKUTASO(ぱくたそ)