赤ちゃんの仕事は泣くことって言うけれど

赤ちゃんは泣くことが仕事、とよく言われますが、今まさに子育て真っ只中のパパママにしてみれば、毎日奮闘中で、どうして泣き止まないのか泣きたくなる、と極限に立たされてしまいます。ここでは、どうして赤ちゃんが泣き止まないのか、その理由を紐解いていきましょう。

泣くことで気持ちを伝える赤ちゃんたち

まだ言葉を話せない赤ちゃんにしてみれば、泣くことはコミュニケーションツールのひとつです。だからといって嬉しかったり楽しいときに泣いたりはしません。やはり、何か不安に思うことや悲しい、ツライ、寂しいなどマイナス感情が芽生えたときに「泣く」という行動をとるわけです。

泣いたままの赤ちゃんをほうっておくとどうなるのか

赤ちゃんがコミュニケーションを取るために泣いているのに、それを放置したままだとどうなるのか、想像しただけでもあまりいいことがないのは直感で分かりますね。赤ちゃんの本能的に、何度泣いても、いくら泣いても無視ばかりされていると、泣くことを辞めてしまいます。それならいいことじゃないの? と思うかもしれませんが、赤ちゃんがなぜ泣いたのか、その原因が放置されたままなので、小さいながらに「何かを伝えたいけれど諦めてしまう」という子供に育ってしまうのです。

赤ちゃん時代に培われるもの

コミュニケーションで伝えても無理なら、と大きくなってきたときに言葉ではなく行動でその気持ちを示そうとする傾向も出てきます。寂しい、悲しい、ツライと思ったときに暴力で相手とコミュニケーションをとろうとするのです。これは大きな問題ですね。もちろん、この傾向は大人になっても続いてしまう可能性が捨て切れません。

信頼感が低いと起こってしまうこと

泣いたことでコミュニケーションが取れないと、パパママに対する信頼感が低くなり、泣くのを辞めるどころか笑顔も見せなくなります。親子の信頼関係は、赤ちゃんが1歳になるころまで培われるといいますから、毎日が大変かもしれませんが、今の時代は抱き癖は今だけだからどんどん抱っこしてあげなさいという専門家の話もあります。泣いたときに側にいてくれる親がいる、これがどれだけ赤ちゃんにとって心強いことか、あの小さな体で体感しているわけですね。

パパママが一人で頑張りすぎないことが大切

とにかくパパママが一人で抱え込まないことです。ストレスは必ずパパママの体の不調として現れます。例えばパパなどは育児ストレスが原因でEDになってしまう人もいるぐらいです。一番の方法はストレスを解消させることですが、症状が出た場合は専門医に診てもらうことが先決でしょう。バイアグラなどの薬を出してもらえますから、体調の変化はすぐに解決するはずです。パパもママも、いつもと体や心のバランスが崩れていると感じたときは、後回しにしないで病院で診察を受けてくださいね。パパママが安定していることが、赤ちゃんにとって安心材料にもなりますから。

赤ちゃんの鳴き声に右往左往することが多く、何をやっても泣き止まなくてこっちが泣きたくなる!という場面は多いでしょう。一人で抱え込んでしまえばそれが表情や行動に表れます。そんなパパママを見れば赤ちゃんはますます不安になってしまいますから、そんなときは両親、友達、気心知れた人にその気持ちを打ち明けてください。

≪ホントにセックスで産みわけができるの?≫

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけをする理由

セックスで産みわけをする理由

セックスによる産みわけの目的

セックスによる産みわけの目的

Copyright© セックスで『産みわけ』 All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ.
     PAKUTASO(ぱくたそ)