赤ちゃんの泣き声を聞き分けよう

気持ちに余裕があると、赤ちゃんの鳴き声も落ち着いて対応できますが、赤ちゃんが生まれたその日から、育児に奮闘する毎日です。こんな日がいつまで続くのだろうと途方にくれるパパママが多いですね。そこで、今回は赤ちゃんの泣き声についてお話します。よく聞いてみると泣き声の種類が違うことが分かるんです。

この状態がいつまで続くのか

赤ちゃんを育てているパパママの共通の悩みではないでしょうか。一体こんな日がいつまで続くのか、本当にこんな日が終わるときが来るのだろうか、と追い詰められてしまいます。言葉を話せないからこそ泣いて訴えようとしている姿は、可愛らしくもあり、愛しくもあり、オロオロしてしまうこともあります。一日一日を「今日も頑張った」と自分たちを褒めながら、赤ちゃんにも労いの気持ちを持ってあげましょう。泣くことはなかなか大変なことですからね。

泣き声が万国共通ってホント?

国ごとに違う言葉。しかし、赤ちゃんの泣き声は万国共通ってご存知でしたか? なぜ言葉が違うのに? と不思議に思うかもしれませんが、そのわけはこれからお話しする「5つの泣き声」を知ることで納得できるかもしれません。どんなときに、どんな泣き声で、どう対処したら泣き止んだのか、それをメモをするなどして記録しておくと「なるほど」と思える共通点が見えてきます。

5つの泣き声を聞き分けてあげて

・へえへえ(Heh)と泣く
力なくヘナヘナとした様子で泣くのは、自分が不快な状態になっていると訴えている証です。おむつが汚れて気持ちが悪いとか、汗をかいて肌着が濡れて気持ち悪い、気温が低くて寒い、逆に気温が高くて暑いなど、外的な不快感を感じたときにこのように泣く傾向があります。

・ねえねえ(Neh)と泣く
舌を上あごにつけて、おっぱいを吸うときのような発音で泣いているときは、おなかが空いている証拠です。早く母乳を飲みたい、ミルクを飲みたいという欲求が泣き声にそのまま現れます。

・えっえっ(Eh)と泣く
口の中から空気を出すように泣くのは、おなかの中に空気が溜まっている証拠かもしれません。抱っこをして背中をトントンしてゲップを出してあげてください。

・えあえあ(Eairh)と泣く
うなるような泣き声で、泣くのと同時に両足をバタバタしているときは、腸の中にガスが溜まっておなかが張って苦しいときかもしれません。おへそを中心に「の」の字を書くように優しくマッサージをしてください。溜まったガスがおならとして出てくるはずです。

・あおあお(Owh)と泣く
大人に置き換えてみると、あくびに似ています。これは眠たいけど眠れない、疲れちゃったというサインです。おそらく、横になっている赤ちゃんの胸を優しくトントンすれば、安心して眠りについてくれることでしょう。

赤ちゃんは言葉を話すことができません。そのため、泣くことで自分の気持ちを伝えようとします。無意味に泣いているわけではありませんし、もちろんパパママを困らせようとしてわざと泣いているわけでもありません。泣き声を注意深く聞いてあげることができたら、きっと赤ちゃんのストレスも、パパママのストレスも最小限に抑えることができますよ。

≪ホントにセックスで産みわけができるの?≫

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけをする理由

セックスで産みわけをする理由

セックスによる産みわけの目的

セックスによる産みわけの目的

Copyright© セックスで『産みわけ』 All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ.
     PAKUTASO(ぱくたそ)