知っておきたい飲み物の話

あなたは1日に水分をどれくらい摂取していますか?妊婦に必要な水分は、「自分+子供の分」と言われており、毎日2Lは水を飲むべきだと言われています。脱水症状は危険な病を併発する危険信号。常に水分を摂るように心がけましょう。

脱水症状に気をつける理由

脱水症状は本当に恐ろしいものです。私達の身体には水分と「電解質(ミネラルなど)」がある一定の濃度を保っているため、元気に生活を送ることができます。逆を言えば、これらの成分濃度が薄くなってくると、「身体のバランスが崩れる」おそれがあります。

例えば、「脳の機能が低下」します。よく映画などで、砂漠の中を歩いている人の意識がもうろうとなり、倒れてしまう姿を見たことがあると思います。これは脱水症状に陥っているため、「熱中症」となり、脳の機能が低下して気を失ってしまうのです。

数年前から世界中が異常気象となり、夏場に熱中症で倒れる人が増えています。もちろん脱水が原因なのですが、それ以上に「必要な水分が足りていない」ということがわかります。熱中症になった妊婦も多く、最悪の場合、流産となってしまう恐れもあるのです。

とにかく、脱水症状は「危険」なもの。身体のあちこちの機能が低下し、脱水が原因で死に至った人も少なくありません。元気な赤ちゃんを産むためにも、妊娠中はいつもより多めに水分を摂る必要があります。

妊娠中に摂取したい「飲み物」

妊婦が1日に摂取すべき水分量は「2L以上」です。2Lと聞くと多く感じてしまいますが、子供のためと思って飲むようにしましょう。最も健康的な飲み物は「水」。次いで「お茶(麦茶や緑茶)」などです。一度にたくさん飲む必要はなく、1日を通して摂取した水分量が2Lを超えていれば大丈夫です。

ここで気になるのが、水分の摂り過ぎによる「むくみ」です。足がむくんでしまうことが嫌で、水を控えている女性も多いのではないでしょうか。ただ、それはハッキリ言って「逆効果」です。そもそも、むくみの原因は「塩分」なので、水やお茶を飲んでいれば身体がむくむことはありません。安心して水分を摂取してください。

また、飲み物の中には「摂取すべき物」と「すべきではない物」があります。基本的には量さえ守れば何を飲んでも大丈夫ですが、身体のことを考えると控えるべき飲み物はたくさんあります。

例えば、「清涼飲料水」です。糖分の多い「コーラ」などのジュースはあまりオススメできません。次いで「ビール」などのアルコール類、カフェインの多い「コーヒー」や「紅茶」も避けた方が良いでしょう。全てはお腹の中に居る赤ちゃんのためです。

水分補給の重要性と、妊娠中にオススメの飲み物について、ご理解いただけたでしょうか。脱水症状は無意識の内に進行しているもの。万が一のことを考えても、必要な水分量は摂取するようにしてください。

≪ホントにセックスで産みわけができるの?≫

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけをする理由

セックスで産みわけをする理由

セックスによる産みわけの目的

セックスによる産みわけの目的

Copyright© セックスで『産みわけ』 All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ.
     PAKUTASO(ぱくたそ)