食生活に気を配ろう

子供を授かってから気をつけなければならないのが「食生活」です。何よりも赤ちゃんのため、バランスの良い食生活を送る必要があります。妊娠中は一体どんな食べ物を摂取すれば良いのでしょうか?

優先的に摂取すべきは「たんぱく質」

健康な赤ちゃんを産むためにも、赤ちゃんがお腹の中で成長するために必要な「たんぱく質」を積極的に摂取しなければなりません。良質なたんぱく質が摂取できる食べ物は、「肉」、「魚」、「大豆製品」などが挙げられます。

肉類に関しては、脂身の少ない「牛赤身」を食べると良いでしょう。ヘルシーなのでダイエットにもなる上、良質な動物性たんぱく質を摂取することができます。塩こしょうを振ってシンプルなステーキにするのも良いですし、野菜を加えて簡単な肉料理を作るのも良いでしょう。

牛肉だともたれるという方は、「鳥ささみ」をオススメします。牛肉よりも安く手に入れることができる上、たくさん食べても殆ど脂肪に変わりません。妊娠中は体型維持がとても難しいので、体型を気にしている方は鳥ささみを摂取すると良いでしょう。

野菜類に関しては、「豆」を食べると良いでしょう。らっかせい、そらまめ、グリンピースなどが多くの植物性タンパク質を保有しています。豆類は意外と摂取しにくいので、できるだけ料理に取り入れるように工夫をしてください。

そして最も簡単かつヘルシーに摂取できるのが「大豆製品」です。納豆や豆腐など、低価格で多くのタンパク質を保有している物が多いので、妊娠中はできるだけ食べるようにしましょう。ただし、食べ過ぎは禁物です。

あまり食べない方が良い物とは?

上記で紹介した食べ物とは別に、妊娠中は「食べない方が良い物」について触れていきます。まずは、「生もの」です。魚の刺身、牛刺し、馬刺し、レバ刺しなど、生ものは妊娠中の身体にあまり良くありません。中でも有名なのが「マグロの刺身」です。マグロはメチル水銀という成分を多く含み、それが赤ちゃんに良くないという研究結果が出ています。

ただ、これらはもちろん「過剰摂取」した時の話です。一週間に一回くらい食べても大きな影響はありませんのでご安心ください。週に三回以上摂取する習慣がある方は、妊娠初期の段階で止めておきましょう。

また、化学調味料を多く含み食べ物も良くないとされています。ジャンキーなファストフード、スナック菓子、甘いジュースなどはできるだけ控えるようにしましょう。これらの食べ物はどれもおいしいですが、赤ちゃんのことを思えば、我慢できるはずです。

このように、妊娠中にはできるだけ摂取すべきもの、摂取すべきではないものがあります。「我慢できない!」と思った方も多いでしょうが、全てはお腹の中の赤ちゃんのためです。健康で元気な子を生むためにも、妊娠中は食事に気を配るようにしましょう。

≪ホントにセックスで産みわけができるの?≫

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけをする理由

セックスで産みわけをする理由

セックスによる産みわけの目的

セックスによる産みわけの目的

Copyright© セックスで『産みわけ』 All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ.
     PAKUTASO(ぱくたそ)