妊娠中のママさんだって外食を楽しみたい!

妊娠中はあれもダメ、これもダメと決まりの中で生活する機会が多くなります。でも、妊娠中だって今までどおり日常生活を楽しみたいですよね。ここでは妊婦さんの外食についてアドバイスしていくことにしましょう。

妊婦さんにとって外食はOK? それともNG?

おなかに赤ちゃんが居るときは、たくさんのことが気になります。バランスのいい食事がプラスの効果をもたらしてくれるのは分かっているけれど外食はどうなんだろうと心配になりますよね。外食イコール栄養のバランスが乱れがちというイメージがあるので躊躇してしまうのではないでしょうか。結論から言うと外食がNGというわけではありません。一日三食毎日外食というのは栄養面を見ても経済的にもあまりお勧めできないですが、たまの外食を楽しむことはメリットが大きいようです。時には妊婦さんだってリフレッシュしたいですからね。ただし、塩分やカロリーの過剰摂取には気をつける必要があります。

妊娠中に必要と言われている栄養素とは?

おなかの赤ちゃんのためはもちろんのこと、母体にも必要な栄養素はしっかり取りいれていきたいものです。妊婦さんが積極的に摂取したほうがいいと言われているのはミネラルやビタミンのほかにもタンパク質や食物繊維があります。妊娠中は胃腸の働きが鈍くなるので、胃腸に負担がかからない食事、刺激のあまり強くない食事を心がけてみてください。

もしも外食するならお勧めメニューはなに?

単品で何かを頼むよりも、定食やセットのように一度に色んな栄養素を補えるものをお勧めします。和食はもちろんのこと、ちょっと敬遠しがちな外食でも、サラダや野菜たっぷりスープなどがセットになっているメニューならOKです。それから女性なら誰もが大好きなスイーツですが、食べ過ぎなければ問題ありません。たまに甘いものが無性に食べたくなるときってあるのは不思議なことです。妊娠中はインシュリンの働きが鈍い時期なので、あまり甘いものを食べ過ぎると血糖値が急上昇する恐れがあります。できれば甘さ控えめのゼリーやヨーグルトなどをお勧めします。

カフェインは取りすぎに注意

食後の紅茶や珈琲などはリラックス効果を感じるという方も多いですが、妊婦さんにとってカフェインが含まれた飲み物は、飲み過ぎNGと言われていて過剰摂取を避けるよう推奨されています。まったく飲んだらダメというのではなく、一日1~2杯ぐらいならいいみたいです。なぜカフェインがあまりお勧めできないのかというと、カルシウムや鉄分の吸収を邪魔してしまうからなんですね。おなかの赤ちゃんの中枢神経を刺激してしまう可能性もあるのだとか。どうしても何か好きなものを飲みたいというのなら、ノンカフェインのハーブティはいかがでしょうか。妊娠中も授乳中も安心して飲めるハーブティがたくさんあるみたいですよ。

いかがでしたか? 妊娠する前と同じようにと言うわけにはいかないものの、妊娠をきっかけに健康志向が高まったママさんも多いみたいです。例えば飲み物なんかはママさんだけでなくお子さんも安心して飲めるハーブティやお茶もあるみたいですから、妊娠したことをきっかけに健康体を目指してみましょう。

≪ホントにセックスで産みわけができるの?≫

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけをする理由

セックスで産みわけをする理由

セックスによる産みわけの目的

セックスによる産みわけの目的

Copyright© セックスで『産みわけ』 All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ.
     PAKUTASO(ぱくたそ)