感じるセックスのコツは?

排卵日を確認し5日程度以上の禁欲をして、リンカルを飲み続け準備万端整ったら、最後のステップのセックスは濃厚にしなければなりません。男子が欲しいときには、Y精子を生き残らせて受精させることが重要です。Y精子はX精子にくらべてアルカリの中で活発に活動します。Y精子を動きやすくするためには、膣内の酸性度を低くしなければなりませんから、膣内をいかにアルカリ化するかが、男子産みわけのキーポイントです。

感じることで高まるアルカリ度

女性の膣内は普段は酸性に保たれています。細菌などの侵入をふせぐためですが、排卵日になるとアルカリに傾きます。また、性的興奮を感じるとアルカリに傾き、セックスでオーガズムに達すると、子宮けい管からアルカリ性の粘液が分泌されてさらに酸性度が弱まります。

個人差もありますので、すべての女性が一様にアルカリに傾くとは限りませんが、酸性を弱めることはできます。オーガズムを感じにくい女性もいますが、セックスを工夫することで感じやすくすれば、アルカリ度を高めることはできます。

たっぷりと時間をかけたセックスが大切

性行為で女性に快感を与え、オーガズムを感じさせるためには男性の努力が必要です。特に前戯にしっかりと時間をとって、女性に何度もオーガズムを感じさせてください。セックスは一人でするものではありませんので、女性の方も男性を刺激して二人が協力しつつ互いのムードを盛り上げることも重要です。

5日間禁欲した後の、月に一度きりしかないチャンスではありますが、あまりにも意識しすぎて逆に盛り上がらなくなることもあります。リラックスして臨むことが大切で、そのためにも、前戯に時間をかけてゆっくりと高めていくと良いでしょう。一番大切なことは、お互いがセックスを心から楽しむことです。悦びが大きいほど希望の男の子を授かる可能性が高くなるので、快感を心ゆくまで味わうつもりで行ないましょう。

男性が緊張しすぎてEDになるケースもあります。そういう場合には専門医に相談してバイアグラなどを処方してもらうと良いでしょう。医師の診察は気軽なものですので、構える必要はありません。

なお、セックスによる産みわけは個人でも行なうことができますが、産婦人科などのアドバイスのもとで実行すると、より確度は高まります。確実性をもとめるなら、医師に相談されると良いでしょう。

男子が欲しいときの排卵日のセックスは、女性を感じさせるため、リラックスしてたっぷりと前戯を行ない、オーガズムに導くことが大切です。

≪ホントにセックスで産みわけができるの?≫

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけをする理由

セックスで産みわけをする理由

セックスによる産みわけの目的

セックスによる産みわけの目的

Copyright© セックスで『産みわけ』 All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ.
     PAKUTASO(ぱくたそ)