「産後うつ」について知っておこう

出産を経験した5人に1人の割合で発症するのが「産後うつ」です。マタニティブルーとはまったく別物であり、精神バランスが大きく乱れた時に発症する可能性があります。産後うつは「精神病」であり、夫婦手を取り合って乗り越えなければならないのです。

なぜ産後うつになってしまうのか?

産後うつは昔から発症していた「心の病」でした。一昔前までは発症率が「13%程度」だったのに対して、最近では「20%」にまで跳ね上がっています。冒頭にあるように、「妊婦の5人に1人」が発症しているのです。

同じような症状に、「マタニティブルー」があります。これは訳も無く悲しい気分になったり、涙が出てしまう心の病です。産後うつとマタニティブルーは混合されることが多いですが、全く別物になります。そして、産後うつの方が遙かに「病状が重い」のです。

産後うつになってしまう理由としては、「育児の難しさ」や「将来への不安」、「自分自身の能力の低さ」など、様々な「ストレス要因」が溜まり、最後には爆発してしまうのです。

例えば、家事や育児に対して一生懸命頑張っているシングルマザーがいるとしましょう。彼女は真面目で努力家な性格です。育児に対しても積極的で、とにかく「一人」で頑張っています。

そんな彼女が、どうしても一人では解決できない問題に直面したらどうなるでしょうか。誰が助けてくれる訳もなく、全ての失敗を自分の責任にするしかありません。どれだけ頑張っても、一人では乗り越えられないことがあるのです。

そんな時、彼女の心が折れ、鬱病のような症状が起こります。それが産後うつという訳です。自分をひたすら責め、子供との将来に絶望し、何をするにも意欲が湧きません。文字で表すだけでもわかるように、産後うつはとても「恐ろしい心の病」なのです。

自分のパートナーが産後うつになってしまったら

自分のパートナーが出産した場合、産後うつになってしまう可能性が十分あります。そんな時、男としてどういう対応を取れば良いと思いますか?産後うつが一体どういう病気なのかわかっていれば、それに合った「思いやりのある対応」を取ると、彼女の心の負担が緩和されます。

まず、目の前にいる彼女は「病気」だということを理解してあげなければなりません。「何もしたくない」、「食べたくない」と言うことが多いですが、それは病気のせいです。心の病は簡単には治らず、人によっては年単位で治療することもあります。産後うつは重い病気なのだということを、頭の片隅に置いておく必要があるのです。

ただ言えることは、うつ病は必ず「治る」ということです。いつ治るかはわかりませんが、完治することは医学的に証明されています。なので、今は気長に待つしかありません。彼女が自然に笑ってくれる時まで、パートナーであるあなたが支えてあげてください。あなたが寄り添ってあげることが、最高の治療薬となるのです。

≪ホントにセックスで産みわけができるの?≫

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけをする理由

セックスで産みわけをする理由

セックスによる産みわけの目的

セックスによる産みわけの目的

Copyright© セックスで『産みわけ』 All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ.
     PAKUTASO(ぱくたそ)