「男の子を産め」は過去の話?

かつて女性は嫁入りしたらすぐに子どもを産むこと、それも男の子をと言われたものでした。
後継ぎを産むことは嫁に課せられた義務の一つであり、「三年子無きは去る」、子どもができないという理由で離縁させられることも珍しくなかったのです。 長い間、女性というよりも「嫁」としての役割が求められていたと言えるでしょう。
また、子どもができても産まれてくるのが男の子でなければ失望されたり「女腹」「役立たず」と呼ばれたこともあったそうですから、女性の人権はどこに?と現代の女性なら激怒しそうですね。 それほど日本は家長制が強く、男でなければ家督を継げないのが普通でした。
ところが、最近は事情が変わってきています。

一口に少子化と言ってもその実情は…?

少子化が問題になっていますが、実はちょっとしたカラクリがあって、母数となる適齢期男女には未婚の人も含まれています。かろうじて結婚適齢期と言える30代前半でも男性の半数近く、女性も30%が未婚という現実は、むしろ国は晩婚化対策に予算を割くべきなのでは、という気すらしてきますが、こうした独身者に子どもがいないのは当然のことですよね。ある統計によれば結婚しているカップルのみを対象にした出生率は増えている、という結果も出ているのです。
実際、地方都市では未だに夫婦と子ども2人の4人家族がデフォルトですし、家や車、レジャーなどファミリー層をターゲットにしたものはほとんどがモデルとしている形態です。
また、子どもの数が3人、4人という家庭も意外にあります。少子化ってどこの国の話?」というほど子どもの多い地域もあるほどです。

でも一人産むなら女の子?

後継ぎ問題を考えると、一人しか産めないとしたら男の子であってほしいはず。
しかし、近年は若い世代を中心に、一人産むなら女の子の方がいい、という意見が増えているようです。一説によると過半数がそのように考えているとか…。
昔ほど周囲から「何が何でも男を産め」とプレッシャーをかけられなくなっているということもありますが、当のカップルが「女の子がいい」と考えるのはなぜなのでしょうか。

将来のことを考えると女の子が欲しい、という意見

一つには、嫁姑問題があります。特に母親が苦労していると親も子どももそのように考える傾向があるようです。
「娘は娘」という言葉のとおり、いくらケンカしても険悪になっても親娘だから深刻にならない、ということでしょう。(実の親娘でもうまくいかない人はいるのですが)
また、男の子は将来の配偶者のものになってしまう、老後の面倒を見てくれるとは限らないから、という意見もあります。娘を介護要員と考えているのか、と憤慨される人もいるでしょうが、どうせなら血の繋がった親娘同士で、という考え方も理解できなくはありません。

男の子至上主義はここへきて衰退の危機にあります。
女の子でも家を継げるようになった現代では、育てやすい(はずの)女の子の方がいいとされるのはどうやら本当のようですね。

≪ホントにセックスで産みわけができるの?≫

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけをする理由

セックスで産みわけをする理由

セックスによる産みわけの目的

セックスによる産みわけの目的

Copyright© セックスで『産みわけ』 All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ.
     PAKUTASO(ぱくたそ)