セックスのときに使うグッズはあるの?

女の子のもとになるX精子の寿命は2~3日、男の子のもとのY精子は24時間ほどと違いがあります。X精子は酸性に強い性質を、Y精子はアルカリ性に強い性質をもっています。こうした性質をさらに活用するために、使えるグッズがあります。

女の子がほしいときにはピンクゼリー

膣内を酸性にすればX精子に有利な環境ができて、女の子が生まれやすくなります。そのためにできたのがピンクゼリー。イギリスのジョン・ポラード博士が開発しました。人体に無害な物質をゼラチンにとかしたもので、X精子が生き残れる程度の酸性度を保つようにします。

ピンクゼリーには、潤滑油のような働きがあります。女の子を希望するときにするのは、女性があまり感じないセックスです。前戯もほどほどに挿入してあっさりと射精するのが望ましいのですが、女性が濡れていない状態でのセックスはしにくいものです。ピンクゼリーを注入することでピストン運動をスムーズにする効果もあります。

逆に男子が欲しいときには「グリーンゼリー」を使います。膣内をアルカリ性に保つためのゼリーです。どちらも、 産婦人科で処方してもらうこともできますし、ネットの通販で購入することもできます。決して安いものではありません。

ゼリーの使い方

常温でもどろっとしたものです。気温が低いときには固まってしまっていますが、50度くらいのお湯にひたして溶かして使います。コップにぬるま湯を入れ、容器ごとつければ数分で温まり、ゼリー状になります。

容器のふたをあけて注射器で吸いあげます。小さな容器なのでひとりでするよりも、夫婦の一方が容器をもち、もうひとりが注射器を扱うとスムーズでしょう。1回に使用するのは3ml~5ml程度です。ゼリーの温度が体温程度であることを確かめます。熱すぎたり冷たすぎたりすると、注入した時に不快ですので、注射器にふれて確かめましょう。

ゼリーがもれないように、女性は腰にクッションや枕などをあてて腰を持ちあげます。その体制のまま注射器を膣内奥深くまでゆっくりと差し込み注入します。あとは足をしっかり閉じてしばらく5分ほどじっとしています。そのまま、すぐにセックスをしてください。

行為の前に色々としなければならないことがあるので、雰囲気が盛り上がらないこともあります。男性がその気になれないこともあるので、女性は手を使うなどして協力をこころがけてください。排卵日のプレッシャーで男性がEDになることもありえますので、そういう場合にはバイアグラなどを使うのもひとつの方法です。

≪ホントにセックスで産みわけができるの?≫

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけをする理由

セックスで産みわけをする理由

セックスによる産みわけの目的

セックスによる産みわけの目的

Copyright© セックスで『産みわけ』 All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ.
     PAKUTASO(ぱくたそ)