濃厚なセックスで男の子ってホント?

女の子が欲しい場合には、なるべくあっさりとしたセックスをしなければなりませんが、男の子が欲しいときには逆です。前戯の時間を長くとり、ゆっくりと時間をかけて女性を高めます。挿入後も相手を感じさせるように濃厚にピストン運動をくりかえし、オーガズムに達するまでつづけます。セックスをするのは排卵日当日です。

女性が感じるほど男子が生まれる可能性が高まります

女性が感じ始めると子宮から、アルカリ性の粘液が排出されます。もともと膣の中は菌の侵入を防ぐために酸性となっていて、酸性が嫌いな精子の多くは膣内で死んでしまいます。子宮からアルカリが出ることで膣内が中和されると、精子にとっては動きやすい環境になります。男の子のもとになるY精子は女の子のもとになるX精子よりも酸性に弱いため、膣内の酸性度が下がることは有利です。

女性が感じ始めてからアルカリ性の粘液が分泌されるまでには時間がかかるので、十分に膣内の酸性度を下げるためには、時間をかけて高める必要があります。感じれば感じるほど粘液の分泌は盛んになるので、なるべく長く愛撫して感じさせなければなりません。

しっかりとオーガズムを感じさせるセックスが必要

女性がオーガズムに達すると、子宮けい管から強いアルカリ性の粘液が分泌されて膣内はアルカリに大きく傾きます。オーガズム1回よりも2回の方がさらに上がります。男の子のもとになるY精子にとってはとても有利な環境です。女の子が欲しい場合には、なるべくオーガズムを感じさせないようなあっさりとしたセックスが必要ですが、男の子の場合は感じさせるセックスをすればよいので楽です。

女性にとっても、感じないようにするセックスは面白くもありませんが、感じれば良いセックスなら受け入れいやすいでしょう。子宮内ではアルカリに強いY精子が有利となりますので、膣内の競争にさえ勝てればY精子が卵子に一番に到着できる可能性は高くなります。なるべく子宮に近いところで射精した方が、膣内での競争が楽になりますので、奥まで挿入する体位でするのがベターです。

「感じさせよう」「長くもたせよう」と考えすぎるあまり、EDになることがあります。産みわけのストレスからEDになった場合にはバイアグラなどを使用すると良いでしょう。専門医に相談してください。

男の子が欲しいときには排卵日にセックスをして、女性を感じさせしっかりクライマックスを感じさせることが大切です。

≪ホントにセックスで産みわけができるの?≫

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけをする理由

セックスで産みわけをする理由

セックスによる産みわけの目的

セックスによる産みわけの目的

Copyright© セックスで『産みわけ』 All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ.
     PAKUTASO(ぱくたそ)