妊婦に「温泉」はダメ?

一昔前までは、「妊娠中は温泉に入らない方が良い」という考えが一般的でした。しかし、最近になって環境省が、「妊婦の入浴を避けるべき」という規定を消去したのです。これにより、妊婦も温泉に浸かり、リラックスして良いことが医学的に認められました。

妊婦が温泉に入ってはダメなのか?

「妊婦さんはお控えください」という張り紙を、公共浴場などで目にしたことはありませんか?昔の人は特に、「妊婦は温泉に浸かっていけない」という考えを強く持っているようです。なぜなら、それは「国が決めたこと」だからです。

実際に、妊娠中に温泉に浸かる人は少なかったようです。それが最近になって、妊婦が温泉に浸かっても良いことを「国が認めた」のです。この規定は1982年に作られましたが、最近になってそれを消去し、妊婦の入浴を正式に認めたという訳です。

そもそもなぜ妊婦が温泉に入っては行けないのでしょうか。その理由として、環境省は「当時の文献を参考にしたから」と説明しています。つまり、昔の人がそう言っていたから入浴を制限した、ということになります。

具体的な説明を求めても、「わからない」ようです。昔の人がそう言っていただけで、実際は何故入浴してはいけないのか、それがわからなかったのです。そのため、最近になって規定を消去し、妊婦の入浴を公式に認めたという訳です。おそらく、医学的に安全性が認められたのでしょう。

「妊娠中だから温泉に入れない…」と嘆いている方は、気負いすることなく足を運んでみましょう。「妊婦の入浴はお控えください」という貼り紙が無くなっているはずです。

温泉は「マタニティブルー」にも効果がある

妊娠中あるいは産後に気をつけたいのが「マタニティブルー」です。これは育児や家事への不安が募り、訳もなく憂鬱な気分になってしまう症状です。マタニティブルーを抑えるためには「リラックス」する必要があり、温泉はもってこいです。温泉にゆっくり浸かってストレスを解消すれば、憂鬱な気分を吹き飛ばすことができます。

温泉の選び方としては、「単純温泉」を選ぶべきです。妊娠中は皮膚が敏感になっているため、人によっては肌荒れを起こす可能性があります。単純温泉は刺激が少ないので、トラブルが起こりにくいのでオススメです。

また、「長湯」は禁物です。1回の入浴に数時間かける人がいますが、気分はスッキリしても身体に負担がかかるため、長湯はやめておきましょう。子供を一緒に浸かっていると考えれば、長湯することは無くなるはずです。

妊娠中は様々なトラブルが起こりやすいです。それがストレスとなり、身体に悪影響を及ぼす可能性も少なくありません。妊娠中こそ温泉に浸かり、リラックス気分を味わうことをオススメします。

≪ホントにセックスで産みわけができるの?≫

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけをする理由

セックスで産みわけをする理由

セックスによる産みわけの目的

セックスによる産みわけの目的

Copyright© セックスで『産みわけ』 All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ.
     PAKUTASO(ぱくたそ)