ツライつわりを軽くする効果が期待できる食べ物とは?

妊娠中、もっともつわりが酷い妊娠初期をなんとか乗り切るための工夫やコツをいくつかご紹介していくことにしましょう。

ツライつわりを乗り越えるための工夫を取り入れよう

おなかに赤ちゃんが宿っていることはとても喜ばしいことなのに、妊娠初期に訪れるつわりは多くのママさんたちを悩ませ苦しめます。おなかの赤ちゃんにたくさん栄養を与えなければいけないのに食事が喉を通らないなんて困る! そう叫びたくなる余裕すらないぐらいぐったりしてしまうつわり。妊娠初期が過ぎれば落ち着いてくるので心配はいらないのですが、あまり酷い場合は入院する必要があるので、起き上がれないほどツライ、大変という場合は無理をしないでかかりつけの産婦人科で受診してくださいね。ツライつわりを乗り越えるための工夫を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

つわりを悪化させる可能性のある食材には注意!

炊飯器の蓋を開けた途端、気持ち悪くなってトイレにかけこむというママさんが非常に多いようです。普段ならおいしそうな香りなんですが、妊娠中はツライ匂いに変換されてしまうんです。工夫としては換気扇の下に炊飯器を置くといいのだとか。それから生のお魚や油っぽいお肉も避けるといいですね。胃に負担がかかる食材なのでつわりを悪化させるといいます。それからニンニク、ネギ、玉ねぎなども消化に悪い食材になるので、つわりが酷い間は極力避けるようにしましょう。家族がニンニクを食べているだけでも無理!というママさんも多いようなので、家族にも協力してもらって、例えば食事の後にガムを噛んでもらうとか、食事のあとは消臭剤を使うなど工夫が必要です。家族がニンニクを食べているだけで、その匂いで吐いてしまう方も少なくないので、ここは家族に甘えて協力してもらいましょう。

つわりを軽くする効果の期待できる食材ってなに?

バナナは栄養豊富で普段から積極的に取り入れたい食材なんですが、バナナにはビタミンB6がたくさん含まれています。これはつわりを軽くする成分なので、固形物が喉を通らない場合はバナナジュースにして飲むといいでしょう。そのほかビタミンB6を含んでいるといえば玄米ですね。白米の匂いがダメというママさんが多いようなので、玄米をお勧めします。どうしても食欲が沸かないときに玄米のおにぎりでなんとか乗り切ったというママさんも多いみたいですよ。タンパク質が豊富で消化のいい豆腐もお勧めします。体を冷やしたくないという場合はお味噌汁や湯豆腐などで取り入れてみましょう。オリゴ糖がたくさん含まれているので、ムカムカ感を軽減してくれる効果も期待できます。

ママさんのつわりに影響されて具合が悪くなるパパさんも少なからずいるようです。中にはつらそうなママさんを目の前にしてEDになってしまう繊細なパパさんもいるのだとか。パパさんが悩んでいるようなら、ED治療のために専門機関を受診するように薦めてあげてくださいね。バイアグラなど効果の期待できるお薬を処方してもらえるので、早めの治療をお勧めします。ツライ時期は二人で心合わせて乗り越えていきましょう。ちなみにおなかの赤ちゃんはママさんのつわり中、ママさんの体内から必要な栄養分をしっかり吸収しているので、ママさんの食欲がなくてもそれほど神経質にならなくてもだいじょうぶみたいです。もちろん、つわりが酷い場合は病院へ行って下さいね。

≪ホントにセックスで産みわけができるの?≫

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけをする理由

セックスで産みわけをする理由

セックスによる産みわけの目的

セックスによる産みわけの目的

Copyright© セックスで『産みわけ』 All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ.
     PAKUTASO(ぱくたそ)