妊娠初期に気をつけるべきこととは?

おなかの赤ちゃんのためにできることを今からすぐにはじめてみませんか? おなかの中の様子はエコー写真でなければ見ることができないので、しっかり育ってくれるのかママさんの心配は募るばかりですね。ここでは妊娠が判明したら今すぐ気をつけて欲しい項目をいくつかご紹介していくことにします。母体と赤ちゃんのために気をつけて過ごしてくださいね。

妊娠が分かったら気をつけるべきこと

新しい命がママさんのおなかに宿っていると分かったときの喜びはひとしおではないでしょうか。目には見えなくても少しずつ膨らんでいくママさんのおなか。5~6ヶ月ごろになれば胎動を感じるようになります。嬉しさ反面、不安な気持ちも同時に芽生えてくることでしょう。そんな不安を払拭するために、妊娠が分かったら気をつけるべき事を実践してみてくださいね。母体とおなかの赤ちゃんのために何を気をつけたらいいのか、もちろんあまり神経質になる必要はありません。ストレスがたまって神経質になるのはよくありませんからね。

タバコは絶対に止めよう

妊娠している、していないに限らず、タバコは人間の体に害を与えます。極端に言えば害しか与えません。大人でも大きなダメージを受けるんですから、おなかの赤ちゃんにはそれ以上のダメージがあることは容易に想像できますね。ニコチンが体内に吸収されると、流産や早産になりやすいと言われています。それだけではなく、じゅうぶんな酸素が行き渡らないことが原因となり、低出生体児や発達や成長の遅れが見られる赤ちゃんが生まれやすくなってしまいます。直接タバコを吸うだけでなく、副流煙もNGです。

薬は産婦人科医の指示のもと服用すること

妊娠前にも飲んでいた薬だからだいじょうぶ、というわけにはいきません。中にはおなかの赤ちゃんの成育に悪影響を及ぼす薬があるからです。普段飲んでいる薬があるならお薬手帖を産婦人科医に見せて相談すること、妊娠中に風邪をひいたり体調を崩した場合は市販の薬ではなく病院の先生に診察をしてもらって処方箋を出してもらいましょう。おなかに赤ちゃんがいることを伝えれば、母体や赤ちゃんに影響のない薬を処方してもらえます。

お酒は控えめに

どのぐらいならだいじょうぶなのか、という基準が医学的に証明されているわけではないので、妊婦さんにOKなお酒の量というのがはっきりしていません。なぜお酒を控えめにと言われているのかというと、ママさんがお酒を飲むと、ママさんの血管を通して胎盤から赤ちゃんにアルコールが運ばれてしまうからなんです。極端にたくさんのお酒を飲んでしまうと赤ちゃんもアルコール症候群を患ってしまうとも言われています。たまにコップ1杯ぐらいならだいじょうぶと言われていますが、極力控えることをお勧めします。

いかがでしたか? 最近は健康志向が高まっているので、タバコを元々吸っていないママさんたちが多いかもしれませんね。薬の件ですが、サプリメントも該当するので、普段飲んでいるサプリメントがあるなら、それも一緒にお医者さんに申告しましょう。サプリの中には妊婦さんでも安心して飲めるものがあるので、その辺りも相談してみてくださいね。

≪ホントにセックスで産みわけができるの?≫

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけをする理由

セックスで産みわけをする理由

セックスによる産みわけの目的

セックスによる産みわけの目的

Copyright© セックスで『産みわけ』 All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ.
     PAKUTASO(ぱくたそ)