酒やタバコは控えよう

あなたの奥さんは酒やタバコを嗜みますか?嗜好品は本人の好みとはいえ、お腹の中に居る赤ちゃんにとっては一種の「毒」なのです。過剰摂取さえしなければ大きな影響はありませんが、妊娠を機にスッパリ辞めてしまうことをオススメします。

なぜ酒やタバコが推奨されないのか?

「妊娠中は嗜好品を辞めた方がいい」という言葉を、テレビ番組や雑誌で一度は耳にしたことがあるかと思います。代表的なのが「酒」と「タバコ」であり、どちらか一方、あるいはどちらも好きという女性も多いはずです。

そもそも、なぜ「妊娠中の酒やタバコがダメ」なのでしょうか。その理由は、お腹の中に赤ちゃんがいる状態で飲酒あるいは喫煙を行うと、「赤ちゃんに何らかの影響を及ぼす」と言われているからです。

結論から言って、多少の飲酒や喫煙は大した影響を与えません。よほどの酒豪ではない限り、ヘビースモーカーでない限り、多少嗜好品を楽しんだところで、お腹の中に赤ちゃんに負担がかかることはありません。ただ、「影響を及ぼす可能性がある」という話です。

誰もが、お腹の中にいる赤ちゃんが元気で生まれてきて欲しいと願っています。だからこそ、少しでも影響を及ぼす可能性のある要素を排除するべきなのです。350mlのビールを飲んだところで、タバコを1本ふかしたところで、何が起こる訳でもありません。しかし、「万が一」のことを考えると、妊娠中は辞めるべきではないでしょうか。

「アルコール」と「ニコチン」について知る

酒やタバコが推奨されない具体的な理由として、酒は「アルコール」を、タバコは「ニコチン」をへその緒を通じて赤ちゃんに送ってしまうからです。母親が摂った食事の栄養素が赤ちゃんに届けられることはご存じかと思いますが、それに乗じてアルコールやニコチンといった「成長に不必要な成分」も届けられてしまうのです。

単純に考えて、我が子にアルコールやニコチンが届けられると思うと、何となく嫌な気持ちになりますよね。届けるかどうかは母親が決めることです。過剰摂取さえしなければ問題はありませんが、少しでも我が子のことを思うなら、控えるべきではないでしょうか。

また、成長に不必要な成分には「カフェイン」も含まれています。カフェインを多く含んでいる食品といえば「コーヒー」、「紅茶」といったものが挙げられます。1日に3杯以上飲んでいる方も多いのではないでしょうか。

カフェインの過剰摂取はご存じのように、身体に毒です。当然赤ちゃんにも言えることで、1日3杯以上飲んでいる方は減らした方が良いです。多くても3杯、控えて2杯程度に留めておきましょう。

人によって好きな嗜好品が異なりますが、妊娠中は我が子のことを考えて、多少我慢することをオススメします。特にタバコは「副流煙」が害ですので、自分自身も吸わず、煙のある場所に行かないようにしてください。

≪ホントにセックスで産みわけができるの?≫

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけをする理由

セックスで産みわけをする理由

セックスによる産みわけの目的

セックスによる産みわけの目的

Copyright© セックスで『産みわけ』 All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ.
     PAKUTASO(ぱくたそ)