マタニティブルーを乗り越えるために

マタニティブルーは出産後に症状が出やすいと言われていますが、実際は「妊娠中」に起こるものです。症状が出ると夫婦関係がこじれてしまう可能性が高いので、二人で乗り越えなければなりません。ここでは男女別の、「マタニティブルー対策法」を紹介します。

マタニティブルーとは何か?

マタニティブルーは、ホルモンバランスの乱れが原因で、「家事や育児に対する不安」が募る産後2日~3日に起こりやすいと言われています。訳も無く憂鬱な気分になったり、涙が出てくるなど、先のことに対する不安が一気に爆発することによって引き起こされるのです。

出産という人生の節目を迎え、これから幸せな生活が待っていると分かっていても、マタニティブルーになってしまう訳です。この症状は「真面目かつ責任感が強い女性」ほど陥りやすく、改善するためには「男性のサポート」が必要です。苦しんでいるのは女性ですが、それを理解し、支えてあげることによって改善します。

男女別・知っておくべきマタニティブルー対策

産後、何をしている訳でもなく、複雑な気持ちになっている方はマタニティブルーの可能性があります。症状が強く出ると中々改善できないので、軽い内に何かしらの手を打たなければなりません。

まずは再確認することから始めましょう。上記で軽く触れているように、その先に待っているのは「明るい未来」です。今現在、何故自分は悲観的になっているのか、それをよく考えてみましょう。

家事や育児はパートナーと協力すれば良い話です。自分一人でどうにかしようと考えず、パートナーを支え、支えられる生活をイメージしてみましょう。すると、肩の荷が少しだけ降りるはずです。あなたが産んだ子供は、「パートナーと一緒に育てる」のです。

また、「焦り」は禁物です。不安な気持ちと同時に、焦燥感が出てくるのがマタニティブルーの特徴でもあります。とはいえ、焦ったところで何も解決しません。子供は時間を掛けてスクスクと育っていきます。年単位で考えなければならないので、今焦ったところで何の意味も無いのです。気楽にいきましょう。

そして、「パートナーが私の気持ちを汲んでくれない」と思うことがあるはずです。これに関しては、夫婦とはいえ、「他人なのだからあたりまえ」です。気持ちを汲んでもらうのではなく、やって欲しいことを口に出し、コミュニケーションを取っていくことの方が大切なのではないでしょうか。

男性に関しては、「彼女の不安な気分を払拭する」ことだけに集中してください。必要以上の干渉は不要であり、常に彼女の様子を窺い、支えてあげることが仕事です。相手の気持ちを汲み取ることができれば良いですが、できなくて文句を言われても、ここは耐えるべきです。上述のように、他人なのですから仕方がありません。

彼女の気分が安定するまでは、常に支える側に回ると良いでしょう。男女別のマタニティブルー対策は以上ですが、そうはいっても重要なのは「女性側」です。自分でできる範囲を行い、それ以外のことはパートナーである夫に任せるようにしてください。それが二人でマタニティブルーを乗り越える秘訣です。

≪ホントにセックスで産みわけができるの?≫

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけをする理由

セックスで産みわけをする理由

セックスによる産みわけの目的

セックスによる産みわけの目的

Copyright© セックスで『産みわけ』 All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ.
     PAKUTASO(ぱくたそ)