思い出に残るとっておきの写真を可愛く撮ろう

今の時代は、赤ちゃんがおなかの中に居るときから妊婦姿を写真に収める人が増えています。待望の赤ちゃんが生まれたあとも、毎日何枚も撮りたくなりますよ。何枚撮っても飽きないのが赤ちゃんの写真です。思い出の一枚ですから、可愛く撮るためのコツを覚えてかえってくださいね。

シャッターチャンスを逃さないこと

大人と違い、赤ちゃんは動きが自由です。はいチーズ、といってポーズをとってくれるわけではありませんから、シャッターチャンスを逃さないためにも、常にカメラを近くにおいておくといいかもしれません。

とにかくたくさん撮ること

プロのカメラマンでも難しい赤ちゃんの写真。コロコロ表情が変わるので、ほんの一瞬を逃さないのは素人には難しすぎます。そんなときに頼りになるのが連写です。とにかくたくさんとってください。思いがけず可愛い写真や、ちょっと面白い写真、あどけない写真など、たくさんカメラにおさめることができるでしょう。

フラッシュはできるだけやめて

暗い中で写真を撮る場合フラッシュをたくことも多いですが、赤ちゃんの写真を撮るときはできるだけやめてください。フラッシュに驚いてびっくりしてしまうからです。せっかくの可愛い表情を収めることが難しくなります。理由はそれだけでなく、フラッシュの光によって赤ちゃんのフワフワした柔らかい肌質が薄れてしまいます。人形のような肌質になるので、フラッシュの自動機能はオフにしておきましょう。

赤ちゃん目線に合わせて

赤ちゃんが寝ている、赤ちゃんが座っている、それを大人目線で撮ると確かに上目遣いで可愛い表情になりますが、自然な姿を撮るときは、赤ちゃんの目線まで下げてください。思いがけず、自然体の写真をおさめることができます。もしも赤ちゃんがハイハイできるようになったのなら、おもちゃなどで気をひいてカメラ目線の写真を収めてみてください。自然な笑顔の赤ちゃんを見ることができますよ。

比較対象と一緒に撮るのもいい

赤ちゃんは小さくて可愛いです。その小ささをカメラに収めるためには、比較対象となるものを一緒に撮ってみてください。パパやママと一緒に居るところ、大好きなおもちゃと遊んでいるところ、色んな工夫を取り入れると、まるでプロのような写真が可能になります。例えば、赤ちゃんの手とパパの手、ママの手を一枚の写真に収めれば大きさを比較できます。ちょっと芸術的な写真にもなりますよ。

背景や周りをゴチャゴチャさせない

赤ちゃんの表情をしっかりおさめるために、周りがごちゃごちゃしていないほうがいいです。もちろん、生活の中の何気ない一枚もおすすめですが、赤ちゃんが被写体になるわけですから、背景に何も無いほうが可愛らしさが何倍にもなります。赤ちゃんがいると部屋を片付けるのもなかなか大変ですが、たまにはプロのような写真も撮ってあげてください。パパ、ママだから撮れるとっておきの一枚になるでしょう。写真を引き伸ばして壁に飾れば、それだけでインテリアの一部になること間違いありません。

可愛い赤ちゃんを、さらに可愛く撮るためのコツをご紹介しました。赤ちゃんの成長は本当に早いです。そのときしか撮れない貴重な瞬間を何枚もカメラに収めて、素敵なアルバムを残してあげましょう。

≪ホントにセックスで産みわけができるの?≫

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけをする理由

セックスで産みわけをする理由

セックスによる産みわけの目的

セックスによる産みわけの目的

Copyright© セックスで『産みわけ』 All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ.
     PAKUTASO(ぱくたそ)