どんな体位でセックスすればいいの?

女の子が欲しいときには、女性にあまり感じさせないようなあっさりとしたセックスをすると効果があります。男性は前戯もそこそこに挿入して、早めに射精する。女性には不満足感が残ってしまうかもしれません。男の子が欲しいときには、なるべく女性を感じさせるようなねっとりとしたセックスに効果があります。それに加えて、体位の面でも工夫するとベターです。女子を望むなら浅い挿入、男子なら深い挿入です。

女の子が欲しいときのセックススタイル

女の子が欲しいときにはY精子を減らすような体位をとります。女の子のもとになるX精子は男の子のもとになるY精子にくらべて酸性につよいため、できるかぎり酸性膣のなかを長く通った方が有利です。精子が子宮にたどり着くまでの間に、Y精子が死滅するような体位を選択します。射精するときに、膣の奥の方ではなく浅い位置でするとベストです。体位はペニスが深く入りにくいスタイルをとると良いでしょう。

女性が足をのばしたまま仰向けになり男性がまたがるようにして上に乗る「伸長位」。男性も女性も横向きになって向かいあい女性が片足を少し曲げて持ちあげた状態で挿入する「側臥位」(そくがい)。このふたつの体位は自然と男性器の挿入が浅くなるため、射精したときの位置が膣のなかの浅いところになります。

ただ、ピストン運動が小さくなるため男性がいきにくくなり、時間がかかってしまうことがあります。時間をかけると女性が感じてアルカリが分泌され、膣内が中和されてしまうので、早く射精できないようなら、気にせず別の体位に変えた方が良いでしょう。

参考サイト⇒女の子産み分けに成功するための性交体位?!

逆に、男の子が欲しいときのスタイルは?

女性の体は深く感じたりオーガズムに達したりすると、子宮けい管からアルカリ性の粘液を排出します。男の子のもとになるY精子は酸性に弱いので、アルカリが出ると有利になります。男の子が欲しいときにはなるべく女性を感じさせる努力が必要です。

膣内は酸性のため、通過距離がながいとY精子には不利。膣の中の移動距離を短くするためには、膣の奥深くで射精すると効果的です。子宮との距離が短くなるぶん、酸性の膣の中を通る時間も短縮されて、より安全により早く子宮に到達できるようになります。セックスではより深く結合できる体位をとるとよいでしょう。

女性が両足をあげて開き男性が上になって挿入する「屈曲位」、四つんばいになった女性の腰を男性が引きつけるようにして後ろから挿入する「後背位」などが適しています。行為のあとは、すぐに離れずに30分ほど挿入したままにした方が妊娠しやすくなります。

セックスの体位は、女の子が欲しいときには浅い挿入の伸長位か側臥位、男の子が欲しいときには屈曲位や後背位が適しています。

参考サイト⇒男の子を産み分ける体位 | 産み分け方法ナビ

≪ホントにセックスで産みわけができるの?≫

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけをする理由

セックスで産みわけをする理由

セックスによる産みわけの目的

セックスによる産みわけの目的

Copyright© セックスで『産みわけ』 All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ.
     PAKUTASO(ぱくたそ)