セックスで産みわけをする理由

食事による産み分け術というのがはやったことがあります。「男性は肉類をひかえ、女性は魚をたくさんとる」と女の子ができる、というようなものです。残念ながらあまり根拠のないこと。食習慣を変えたことで体調に変化をきたしたり、生理周期に影響がでたりしてしまいこともあります。医学的に確実な方法としては人工授精によるものがあります。

人工授精ってどんなもの?

人工授精というと試験管の中で卵子と精子を結合させたり、細い針で卵子に精子を注入したりということをイメージする人もいますが、精子をカテーテルで子宮に直接注入するもので、女性に痛みはありません。精子を直接卵子の近くにいれるので妊娠しやすくなります。遠心分離器をつかって優良な精子だけを注入して妊娠の可能性を上げますが、1回で成功する確率は10%~20%程度、1~4回の実施で90%が妊娠すると言われています。

あらかじめ女性の排卵日を調べ、その日に合わせて、男性は自宅かクリニックでマスターベーションをして精子を採取、それを遠心分離するなどして洗浄し、チューブに入れて子宮に注入します。この際、排卵誘発剤を使用することもあります。

セックスをして膣内に射精し自然に授精させるか、人工的にさせるかの違いがあるだけで、精子と卵子が子宮内で授精する仕組みそのものには何も違いはありません。いわゆる「試験管ベビー」とは異なります。胎児の奇形のリスクなども通常の妊娠とかわりません。

人工授精で産みわけはできるの?

人工授精時に「パーコール法」という方法で精子をX精子とY精子に分けた上で注入することで、男女の産み分けをすることができます。非常に産みわけの成功確率の高い方法です。ただし、わが国では倫理的な面から産婦人科学会が自粛の方針を打ち出しており、実質的にはおこなわれていません。そのため、マレーシアなど海外の病院で産み分けをする人もいます。

その場合、健康保険もききませんし渡航費用もかかるため、百万円単位のかなり高額なコストがかかると言われています。もし日本でできたとしても、人工授精は健康保険の対象外ですので、相当な費用がかかる点は変わりません。

セックスによる産みわけなら、費用的な面では心配がいりませんし、病院に何度も足を運ぶ負担もありません。「倫理面」での葛藤になやむことも少ないでしょう。自然に近い形で子づくりができる点は、とても大きなメリットです。

≪ホントにセックスで産みわけができるの?≫

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけをする理由

セックスで産みわけをする理由

セックスによる産みわけの目的

セックスによる産みわけの目的

Copyright© セックスで『産みわけ』 All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ.
     PAKUTASO(ぱくたそ)