あせらずリラックスして産みわけにチャレンジ

セックスによる産みわけは意外と面倒なものです。人工授精などに比べれば、家庭の中だけでできるので簡単ではありますが、それでも、ストレスなく続けるのはけっこう難しいです。

わずらわしくなる基礎体温測定

初めのうちは簡単に思えても、毎日続けるとなると、基礎体温測定は面倒なものです。毎朝同じ時間に起きて、すぐに体温を測る。簡単なようで簡単ではありません。日曜日にはゆっくり眠りたい、夜更かしした後には寝坊したいとか、用事があって朝早く起きなければならないなど、測定がわずらわしくなることもあるでしょう。神経質に毎日測っているのに「排卵日がつかめない」となれば、不安は高まります。生理不順の人や高齢出産の人なら、よけいに不安になります。

神経質になりすぎる人も多く、基礎体温を測り始めてから生理が不順になる人すらいます。女性の体は非常にデリケートにできていて、精神的なストレスがあっという間に生理にも影響します。主婦仲間とのイザコザや、夫との口ゲンカ、仕事のストレスなどちょっとしたことで生理リズムが変わってしまいます。

周りのサポートが絶対に必要です

女性が穏やかに過ごせる環境が、産みわけには必要です。そのためには周りの環境がとても重要。特に夫のサポートなしには成功しないと言えるでしょう。産みわけのためには、セックスもコントロールしなければなりません。女の子を希望する場合には、生理が終わった後に2,3回セックスをして精子を薄め、排卵日の2日前に受精のためのセックスをします。その後はコンドームを使って避妊しなければなりません。

男の子が欲しい場合には、排卵日の5日以上前から禁欲をして、排卵日には時間をかけてセックスしなければなりません。仕事の都合や曜日に関係なく、排卵日を基準にセックスをしたり、禁欲をしたりしなければならないので夫にもストレスがかかります。産みわけには、夫の理解が絶対に必要です。必ずしも一発で成功するとは限りません。何か月もチャレンジし続けなければならない場合もあります。

最初は面白くても次第に夫婦の間がピリピリムードになりこともあり得ます。そんなことにならないためには、夫がおおらかになり、妻に安心感を与えていかなければなりません。何よりも、産みわけの必要性について、夫婦のしっかりとした合意が必要です。どちらかの一方的な希望で始めたものであれば、長く続けることは難しくなります。

セックスによる産みわけにとって、一番大切なのは夫婦のコミュニケーションです。うまく乗り越えられれば、互いの絆が深まることは間違いありません。

≪ホントにセックスで産みわけができるの?≫

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけをする理由

セックスで産みわけをする理由

セックスによる産みわけの目的

セックスによる産みわけの目的

Copyright© セックスで『産みわけ』 All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ.
     PAKUTASO(ぱくたそ)