セックスを控えなければならない日もあるの?

女の子が欲しい場合には、産み分けのためのセックスの前に何度かセックスをして、精子を薄めておくことがベターですが、男の子が欲しい場合にはその逆です。精子をなるべく濃くすることで、男子を産み分ける確率を上げることができます。そのためには、セックスをしないで精子をためこむ必要があります。

Y精子をたくさんつくる

男の子のもとであるY精子はX精子よりも酸性に弱く寿命も短いです。膣の中をアルカリ性にもっていくことが産み分けにとって重要なポイントとなりますが、例えアルカリに保ってもY精子が膣内で全滅しては仕方がありません。そこで、なるべくY精子の数を多くします。数が多ければ生き残れる数も増えるからです。

それには、精子を濃くしなければなりません。Y精子だけを濃くすることはできませんので、X精子も濃くなりますが、全体の量が増えればY精子も増えます。膣内で死滅しないで生き残る精子の数を多くすれば、そこに含まれるY精子の数も多くなるはずです。子宮口から先の子宮内はアルカリ度が高いため、Y精子にとっては断然有利。子宮口にたどり着いたY精子の数が多ければ、子宮内での競争でY精子が勝つ確率も高まります。

精子を濃くするためには、禁欲が必要です。マスターベーションもNGです。精子の数には個人差がありますが、5日程度でほぼ満タンになり、精子も元気になります。少なくとも排卵日の5日前からは禁欲が必要です。

セックスはいつするのか?

産み分けのためのセックスは排卵日にします。Y精子の寿命は24時間ほどで、X精子の寿命は2、3日です。男の子のもとになるY精子は寿命が短いので、2日前にセックスすると排卵日に生き残っているのはX精子だけになってしまいます。すると女の子しか生まれません。

卵子の寿命も24時間程度なので、男の子を妊娠するためには、排卵日にセックスしなければ受精のチャンスはありません。また、排卵日には膣内がアルカリ性に傾きY精子にとって、より有利な環境ができます。ただ1日のために、精子をためこんで濃くしておいて受精を目指すことになります。

男性が元気な精子を射精できるかどうかは体調にもよります。風邪などで体調を崩すと精子の元気がなくなってしまいます。排卵日に健康を崩すことのないよう、普段からの注意が必要です。一発勝負のセックスに対する緊張からEDになることもあります。5日間禁欲しても勃起しないということもあり得ますので、そういうときにはバイアグラなどを使うと良いでしょう。専門医に相談してください。

男の子を欲しい場合には、排卵日の5程度前から禁欲をするのがベターです。

≪ホントにセックスで産みわけができるの?≫

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけをする理由

セックスで産みわけをする理由

セックスによる産みわけの目的

セックスによる産みわけの目的

Copyright© セックスで『産みわけ』 All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ.
     PAKUTASO(ぱくたそ)