二人目を産んだ後の話

二人目が生まれると、上の子の多くが赤ちゃんに「嫉妬」してしまいます。注目が第二子ばかりに集まり、「自分なんていらないんだ…」と考えてしまう子も少なくありません。二人目が生まれた後は、早い段階で上の子のケアをしてあげる必要があるのです。

二人目ばかり「ちやほや」される

第二子が生まれた家族は、親戚も含め大盛り上がりです。赤ちゃんの愛らしさは言葉に出来ず、目の中に入れても痛くないという親が大半でしょう。新しく家族が増えるということは、何よりも幸せなことです。

とはいえ、それを面白く思っていない人もいます。それが「第一子」、上の子です。もちろん子供の性格によりますが、ちやほやされる下の子を見て「やきもち」を焼いてしまうことがあるのです。なので、しっかりと「心のケア」を両親がする必要があります。

まず最初に、「あなたはお兄ちゃん(お姉ちゃん)になるのよ」ということを伝えます。それを実感させるためには、「赤ちゃんを抱かせる」ことが効果的です。命の重みを感じさせることで、「自分はお兄ちゃん(お姉ちゃん)なんだ」ということを自覚させます。

それでも拗ねてしまうようなら、彼等と「一緒にお世話」をしてみましょう。一緒にオムツを交換したり、おもちゃであやすなど、できる範囲でお世話をさせてみましょう。「自分はママの役に立っている」と感じることで、下の子を受け入れることができるようになります。子供はとてもデリケートなもの、少しでも様子がおかしいと感じたら、彼等と向き合ってみましょう。

「夫のケア」も忘れずに

子供が多い家庭は幸せなものです。ただ、子供が増えれば増えるほど、ママは忙しくなっていきます。それに対して、「俺にもかまってよ!」というパパも少なくありません。子供ばかり気がいって、夫の存在を忘れてしまうママも多いのではないでしょうか。

夫婦の営みといえばセックスですが、子供が多いと落ち着いて楽しむことができません。なので、定期的に二人だけになれる「ラブホテル」に足を運んでみましょう。子供は実家に預け、夫婦水入らずの時間を過ごすのです。それが二人の愛を確かめる時間になると同時に、「夫のケア」にもなります。

ただ、久々にベッドインしても、「夫の下半身が反応しない」ということも少なくありません。それはストレスなどが原因による「ED(勃起障害)」なので、早い段階で男性専門のヘルスクリニックに足を運び、バイアグラなどの治療薬を処方してもらう必要があります。

EDはほっておいてもなかなか自然治癒をしないので、薬で治すしかありません。気になるのがそのお値段ですが、最近はバイアグラと同じ有効成分のジェネリック医薬品が発売され、とてもリーズナブルな価格で手に入れることができるようになりました。

ジェネリック医薬品とはいえ、有効成分はそのままであり、同時に高い安全性が保証されています。EDが原因で夫婦関係がこじれ、離婚に踏み切ってしまうカップルも多いので、明日にでも専門のクリニックに足を運ぶよう伝えましょう。

≪ホントにセックスで産みわけができるの?≫

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけをする理由

セックスで産みわけをする理由

セックスによる産みわけの目的

セックスによる産みわけの目的

Copyright© セックスで『産みわけ』 All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ.
     PAKUTASO(ぱくたそ)