第二子の出産に向けた準備

意外と知られていませんが、第二子の出産は第一子よりも「忙しい」んです。第二子を出産したお母さんの多くがそう語り、大事なのは「準備」なのだと口を揃えています。第二子の出産に向けて、一体どのような準備をしておけば良いのでしょうか?

第一子の面倒を誰かに見てもらう

第二子の出産が、初出産の時と違うのは、「既に子供が居る」ということです。大抵がまだ小さい子供なので、一人にしておくのは心配です。夫は仕事で家に居ない、自分は出産に向けて入院をする、そうなった場合、誰が第一子の面倒を見るのでしょうか。

子供を一人ぼっちにさせないためにも、出産間近になってきたら、「実家」に子供を預けることをオススメします。おじいちゃんおばあちゃんと一緒なら、子供も安心して暮らすことができるはずです。どちらの両親に預けても良いですが、何となく不安なら自分の親に預けるようにしましょう。

事前に預けることを伝えておかないと、受け入れる側も大変です。早ければ一ヶ月、遅くても入院の前日には預けておきましょう。もちろん子供にも実家で過ごすことを伝え、早い段階で納得してもらうようにしましょう。どうしても預け先が決まらない時は、「保育園」や「託児所」に預けるのも手です。近所の「ママ友」に助けてもらうのも良いでしょう。

入院時に役立つ便利グッズを紹介

入院するにあたって、必要な物を必要な分だけ持って行くようにしましょう。2回目の出産とはいえ、やはり緊張するものです。1回目より妊娠に対する知識と経験を持ち合わせているとはいえ、どんなことがあっても良いように、万全の準備で臨むようにしてください。

持って行くと便利なグッズは、「ストロー」や「タオル」、「うちわ」、「ボール」などです。ストローがあると寝たままでも水分を摂ることができます。出産にあたって大量の汗をかくため、タオルは欠かせません。夫や看護師さんにうちわであおいでもらうと多少リラックスできます。

そして、意外と役に立つのがボールです。テニスボールがオススメで、陣痛が来た時に思いっきり握ったり、痛みを和らげるために腰をマッサージするなど、様々な使い方ができます。多くの出産経験を持つ女性達が、「ボールは役に立った!」と言うくらいです。

後は、「リップクリーム」、「ハンドクリーム」などの保湿用品を持っておくと良いでしょう。院内は乾燥しやすいので、唇や手がガサガサになっても、クリームを持っておけば対応することができます。どれも軽量で小さな物なので、入院前に荷物にまとめておきましょう。

第二子の出産は、最初の時よりも余裕を持ちやすい分、やるべきことが盛りだくさんです。出産の痛みを知っているとはいえ、今回も万全の状態で臨み、元気な赤ちゃんを産んでください。

≪ホントにセックスで産みわけができるの?≫

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけをする理由

セックスで産みわけをする理由

セックスによる産みわけの目的

セックスによる産みわけの目的

Copyright© セックスで『産みわけ』 All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ.
     PAKUTASO(ぱくたそ)