セックスの方法で男女の産み分けは可能?

セックスによる産み分け法もまことしやかに伝えられています。
女性の感じ方で男の子あるいは女の子が生まれやすくなるというものです。
信ぴょう性に欠けると思うかもしれませんが、実は医学的にその効果は認められています。 ちょっと驚きですよね。

セックスの方法で産み分けは可能?

女性がオーガズムに達すると、骨盤周辺の筋肉が収縮し、子宮口が下がってきます。つまり卵子までの距離が短くなるということです。
また、アルカリ性の分泌液が出るため、膣内は自然に中和されていきます。
この現象は医学的にも認められていますが、Y染色体が卵子にたどりつきやすい条件が整っていますよね。
男の子が欲しければ、女性が感じるセックスを!と言いたいところですが、挿入を深くすることでも同様の効果が得られるとされています。
膣内のPHコントロールによって男女どちらかをできやすくするという方法を併用してもよいでしょう。男の子が欲しい時は男性が肉や魚、女性が野菜を多めに食べ、女の子の場合はその逆という食生活を続けることによってわざと体を酸性あるいはアルカリ性に偏らせるという話もありますが、こちらは言い伝えの域を出ないようです。

やっぱり100%ではないけれど

医学的に効果があるとされていても、やはり100%ではありません。
しかし、2人がセックスを楽しめるような環境を作ることができれば、自然女性もリラックスして感じやすくなるでしょう。
子どもが欲しいカップルの間では、義務的になってしまうこともあるセックスそのものについて見直してみるとさらによい結果を得られるかもしれません。

こんな都市伝説も

最近は電化製品やパソコン、携帯電話などから出る電磁波に日常的にさらされていると言っても過言ではありません。
特に女性の体を気遣ってか、パソコンに向かっている時間が長い人向けに電磁波をシャットアウトするエプロンやサングラスが市販されています。
それだけ体にはよくないということでしょうか。
電磁波をよく浴びていると女の子が生まれやすいという説がありますが、実際にはこれだけパソコンや携帯電話が普及しても男女の出生比率に大きな変化がないことから、信ぴょう性は今一つです。また、どのくらいを「よく浴びている」と判断するのかもはっきりしませんし、せいぜいが「その傾向がある」という程度でしょう。

余談ですが、座り仕事の長い女性も女の子が生まれやすいと言われています。こちらは電磁波云々よりは多少信頼できるらしいですが、もちろん確実とは言えません。

≪ホントにセックスで産みわけができるの?≫

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけをする理由

セックスで産みわけをする理由

セックスによる産みわけの目的

セックスによる産みわけの目的

Copyright© セックスで『産みわけ』 All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ.
     PAKUTASO(ぱくたそ)