妊娠中のセックスについて

「妊娠中ってセックスしていいの?」という疑問を持つ女性が多いですが、その答えは「YES」です。女性の体調に合わせ、無理のない体位と動作さえ守れば、妊娠中もセックスを楽しむことができます。

妊娠中のセックスに対する「不安」

一般的には、妊娠中にセックスは「しない方が良い」とされています。その理由として、万が一プレイ中に「破水」などをしたら大変なことになるからです。それなりに激しい動作が求められる行為ですから、可能性はゼロではありません。

それもあってか、妊娠中のセックスを受け入れる女性は、比較的少ないようです。本当はその気があっても、万が一のことを考えると、心から楽しむことができません。一言でいえば、「不安」なのです。

ですが、妊娠中のセックスは「一定の条件」さえ揃えば、安全に楽しむことができます。まず必要なのは、「良好な体調」です。女性側の体調が良い時は、少し動いても大丈夫なので、セックスを楽しむことができます。逆に、多量の「出血」をしている時や、お腹が「張っている」時は、行為を控えるようにしましょう。

お腹の張りは、「身体が冷える」ことによって起こりやすくなります。長時間素肌を晒すのは良くないので、女性側には服を着させるのと良いでしょう。もちろんコンドームは必須です。ペニス周りには雑菌が付着していますから、赤ちゃんのことを考え、ゴムを装着するようにしましょう。

妊婦に優しい「体位」を紹介

実際にセックスをする場合、「体位」も考えなければなりません。妊娠前とは異なり、今はお腹に赤ちゃんがいます。大きなお腹に負担をかけないような体位をすることが、妊娠中のセックスには必要です。

お腹が小さい妊娠初期では、「正常位」がオススメです。優しく、浅く挿入すると良いでしょう。間違っても激しい動きをしてはなりません。妊娠中期からはお腹が大きくなるので、「後背位(バック)」がオススメです。後期には「後側位」が良いでしょう。お腹を圧迫しないため、女性に負担がかかりません。

いずにせよ、女性がつらくない体位でプレイすることが求められます。彼女と相談し、楽な体位でセックスを楽しみましょう。

夫の下半身に元気がない時は…

妊娠中は中々セックスに踏み切れず、下半身が弱っている男性が多いと聞きます。男性は耳を塞ぎたくなる話ですが、下半身を長期に亘って使わないでいると、「男性機能そのものが低下」してしまうのです。それが原因で、ED(勃起障害)を発症した人も少なくありません。

EDはバイアグラ等の治療薬を服用しなければなかなか治すことができません。治療薬は男性専門のヘルスクリニックで、専門医から処方してもらうのが一般的です。最近ではバイアグラと同じ成分を含んだジェネリック医薬品も登場し、リーズナブルな価格で手に入れることができるようなりました。有効成分はそのままに、格安で購入できるので、若い世代の男性も手に取っているようです。

妊娠中のセックスに対する考え方が、少し変わりましたでしょうか。妊娠中のセックスは「避妊をする必要がない」ため、リラックスした状態で楽しめるというメリットがあります。EDの方は早い段階で治療し、彼女とのセックスを楽しみましょう。

≪ホントにセックスで産みわけができるの?≫

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけをする理由

セックスで産みわけをする理由

セックスによる産みわけの目的

セックスによる産みわけの目的

Copyright© セックスで『産みわけ』 All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ.
     PAKUTASO(ぱくたそ)