産後うつ病の症状チェックをしてみよう

出産という大仕事を終えてすぐに育児が始まります。自分でトイレも食事もできない小さな命を守るために必死に頑張るママさんたち。その頑張りすぎが産後うつ病を発症する原因になっているのだとしたら、ちょっとだけ肩の力を抜いてあげる必要がありそうですね。いつごろ症状が発症するのかお話していくことにしましょう。

産後うつ病はいつごろ発症するのか

初めての出産を経験して、ママさんの体と心は疲労困憊です。疲れを癒す暇もなく、退院後は育児に追われる毎日です。自分のことなど構っている暇もないぐらい、育児と家事に追われる毎日は、少しずつママさんの心に負担をかけていきます。どのぐらいの時期から発症するのかということですが、これは個人差があるようです。多くの場合は産後3ヵ月前後に発症するそうで、この頃には体も心も疲れ切って、育児だけでなくほかのことに対しても無気力になってしまうのだとか。専門機関を受診したり、日々の生活に工夫を取り入れたり、上手に誰かに甘えるなど気持ちに余裕を作ることで、早い方だと一ヶ月ぐらいで症状が改善されていくそうです。長い方だと一年ぐらいかかると言われていますが、あくまでも個人差があることを理解しておきましょう。心療内科の先生たちの見解では、精神的に心が疲れてしまった原因となった期間の倍の期間が治療に必要と言われています。ですから、産後うつ病になってしまったことを嘆かずに、ゆったりと時間をかけて健やかな気持ちを取り戻していくように過ごしていくといいでしょう。

今すぐ出来る産後うつ病チェック

もしかして私も産後うつ病?、心配なママさん達に早速試してもらいたいのが、これから紹介するチェックリストなんです。多く当てはまる場合は産後うつ病の可能性が高いと理解してくださいね。
「ちょっとしたことで涙が出てくる」
「ちょっとしたことでイライラすることが多くなった」
「大好きだった趣味に興味がなくなった」
「段取りよく育児や家事をこなすのが苦手になった」
「これまで以上に食欲がわく、逆に食欲がなくなった」
「睡眠欲や性欲がほとんどなくなったように感じる」
「お洒落に鈍感になった」
「自分の身形を気にすることがなくなった」
「すべては自分のせいだと思っている」
「子供への愛情はたくさんあるのにお世話ができない」
「将来に悲観するようになってしまった」
「旦那さんに対して不満が爆発している」
「頭痛や吐き気、便秘、下痢、胃痛など体調不良を感じている」
「周りの人と交流を持つのが面倒になった」
いかがでしたか? もしかしたらほとんど当てはまるというママさんもいるかもしれませんね。これらのチェックリストを試してみて、やっぱり産後うつ病かもしれないと実感した場合は早めに専門機関へ受診してみてください。心療内科や精神科、そのほかお住まいになっている地域の保健センターなどもご利用ください。

なんでも自分ひとりでやらなければと頑張るママさんたちが産後うつ病になりやすいそうです。辛い気持ちを吐き出すために、親しい友達と電話で話したり、同じように産後うつ病で悩むママさんたちとSNSで交流を持つのもいいですね。顔が見えないからこそ本音で話し合える場は必要かもしれません。

≪ホントにセックスで産みわけができるの?≫

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけをする理由

セックスで産みわけをする理由

セックスによる産みわけの目的

セックスによる産みわけの目的

Copyright© セックスで『産みわけ』 All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ.
     PAKUTASO(ぱくたそ)