産みわけのための、基礎体温の測り方

産みわけのための第一ステップは基礎体温を測ること。排卵日を知らなければ産みわけは成功しません。排卵の周期は月経周期と呼ばれ、人によって大きな差があり、不順な人もいます。基礎体温を測ることで、排卵のリズムをつかむことができますので、まずは測り方をマスターしましょう。3か月ほどつければ、だいたいのことが分かるようになります。

基礎体温はひと月周期で上がったり下がったり

排卵日を知るためのポピュラーな方法は、毎朝基礎体温を測ることです。基礎体温とは朝目覚めてすぐのまったく体を動かさない状態での体温のこと。女性はひと月周期で体温の上下があります。生理が始まるころには下がり、排卵日にグンと落ち、その後は上がります。毎日同じ時間に根気よく測り続けることが大切です。

月のなかでの体温差は上下0.5度ほど。決して大きいわけではありません。朝起きて少しでも体を動かせばすぐに体温が上昇してしまうので、目覚めたらベッドから起き上がることなしにすぐ測ります。そのため、寝る前にベッドの手が届く範囲の場所に、体温計と時計を用意して正確に測らなければなりません。起きたら片手で体温計を取り出し、ゆっくりと口に差し込み仰向けのまま静かに待ちます。測った体温を書き込み、前日の点と結んでグラフにします。

基礎体温グラフの見方

3か月程度で傾向が見えてきますが、人によってはなかなか見えないこともあります。根気よく続ければ必ずリズムはわかりますので、あせらず続けてください。一般的には、月経が始まってから2週間は低くなり0.1度ほどの幅で上下します。この期間が「低温期」。それを過ぎると0.4~0.5度ほど上がって「高温期」となりますが、低温期から高温期に移行する前に、0.3度~0.4度ほどガクッと下がるときがあります。この日から2、3日が排卵日です。

グラフをつけてみて、高温期と低温期の二相になっていれば、排卵は正常にされていると考えられます。月経から排卵までは14~15日が一般的ですが、5日程度の前後はあるでしょう。高温期は10日程度は必要です。低温期と高温期の差は0.4度以上は必要です。高温期が短いとか体温差が小さい場合には、専門医に相談するのがベターです。

基礎体温を根気よく測り続けて排卵日を確定することが、産みわけのための絶対条件です。毎日続けるのは大変ですが、やり遂げましょう。

≪ホントにセックスで産みわけができるの?≫

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけをする理由

セックスで産みわけをする理由

セックスによる産みわけの目的

セックスによる産みわけの目的

Copyright© セックスで『産みわけ』 All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ.
     PAKUTASO(ぱくたそ)