赤ちゃん言葉には役割があった!

赤ちゃんとの意思の疎通は、毎日一緒に生活していればなんとなく伝わってくるものです。しかし、すべてが通じ合っているかと聞かれたら、自信を持ってハイと答えられるパパママは少ないかもしれませんね。ここでは赤ちゃんが発する言葉についてどんな意味が込められているのか、お話していきます。

3ヶ月以降の赤ちゃんに見られる言葉

少しずつ成長し続ける赤ちゃん。どんどん丸みを帯びてきて可愛らしさにも拍車がかかります。見た目の変化だけでなく、発する言葉にも成長が見られるようになってくるので、育児は大変だけど楽しい、幸せと感じるパパママも増えてきます。生後3~4ヶ月ぐらいになると「喃語」という言葉を発するようになります。あーうーあーうー、と発する姿は何かを一生懸命伝えようとしている姿なので、愛しさが増してきます。生後まもなくは泣くことで気持ちを伝えてきた赤ちゃんが、言葉で伝えようとするきっかけが喃語なのです。

初心者パパママさんには難解かもしれない

これまで何度も子育ての経験があるパパママならなんとなく分かるかもしれませんが、子育て若葉マークのパパママにしてみれば、喃語がまるで別の国の言葉のように感じてしまうかもしれません。せっかく可愛らしくお話しているのに、何を言っているのか分からない、と焦る必要はありません。

喃語を発することの楽しさを覚えてもらう

赤ちゃん自身が喃語を話すことを楽しんでいるならば、それに付き合ってあげたらいいのです。何を伝えようとしているのか、それを考えるのは二の次です。例えば、何かおもちゃを見て喃語を発しているならば、それは楽しい、嬉しい、幸せと感じているかもしれません。ですから、そうだね、楽しいね、と笑顔で語りかけてあげてください。これだけでも赤ちゃんはパパママとコミュニケーションが取れて嬉しくなります。もっと嬉しくなりたいから、どんどん喃語を話してくるはずです。

今だから話す喃語をいっぱい話してもらおう

いずれ成長と共に言葉を覚えていきます。すると、いつしか喃語を話さなくなります。成長と共に無くなってしまうのが喃語なのです。期間限定で楽しめる喃語ですから、赤ちゃんがご機嫌になるように、たくさん語り合いましょう。

個人差があるので慌てないことが大事

月齢が同じでも、成長に差があることは当たり前のことです。首が据わるのも、腰が据わるのも、ハイハイできるのも、タッチができるようになることも、すべて個人差があります。喃語も同じです。お友達の赤ちゃんは喃語を話しているのにうちの子はぜんぜん、と落ち込む必要はありません。パパママが赤ちゃんにいろいろ話しかけていれば、言葉を出すことは楽しいんだ、嬉しいんだと自然と赤ちゃんに身についていきます。パパママが焦ると赤ちゃんも不安になりますから、マイペースで育児を堪能してください。

分からないことだらけの育児ですが、赤ちゃんが生まれたてなら、パパママも初心者マークの新人です。赤ちゃんがひとつずつ何かを覚えていくように、パパママもひとつずつ育児法を覚えていけば問題ありません。喃語は期間限定の赤ちゃんらしさが堪能できる不思議な能力ですから、じっくり見守ってあげてくださいね。

≪ホントにセックスで産みわけができるの?≫

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができるワケ

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけができる確率

セックスで産みわけをする理由

セックスで産みわけをする理由

セックスによる産みわけの目的

セックスによる産みわけの目的

Copyright© セックスで『産みわけ』 All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ.
     PAKUTASO(ぱくたそ)